楽器で悩む・・・

3月も中旬を迎えそうです。
先日も久しぶりに少々の積雪がありましたが、確実に春は近づいている・・・?と信じよう。

さて、近頃またアコーディオン選びで悩んでいます。
悩みの種は約3年ほど使用しているイタリア・Cooperfisaの楽器に最初から感じていたある種の違和感がこのところ大きくなってきたこと。

以前から書いていますが、ひとつは高級アコーディオンの定番アイテム「チャンバー」という装置(というほど大げさな造りではないですが、簡単に言うと共鳴箱)のもたらす音が自分の中にある音楽的欲求にそぐわなくなってきたのです。
もちろん楽器としては素晴らしい出来でデザインも注文なのでそれなりに愛着もあるのですが・・・

そしてフレンチタイプで比較的コンパクトではあるけれどもそれなりの重量。

何といっても小柄な自分には気分的に気が重い(実際重い…)。
とはいっても鍵盤アコや大きなボタンアコを楽々弾いている(ように見える?)女性奏者も多いのでなんとも情けない感じもしますが、とにかく軽量の小型楽器を鳴らしていきたい欲求が募った結果・・・

先月末に中古ではありますが新楽器を入手してすでにライブで使用しました。
中古でも余り弾いていなかった楽器のようで鳴りはこれからという感じですが、ある程度今の気分に沿ったディテイルです。

左がそれ 右はCooperfisa
a0093928_1171077.jpg

こうしてみるとCooperfisaのデザインとか素晴らしさが目を惹きます
左のVictoriaはデザインがイマイチですが、小型で8キロ台にもかかわらず48音有りとにかくシンプル。しかし所謂インターナショナル(イタリア)タイプなのでフレンチに慣れた自分には少し違和感がありましたがだいぶ慣れてはきました。

そしてもう一つ、前々から狙っていたある楽器が名古屋に在庫していると聞き、近々名古屋に行ってまいります。こうなったらやるだけやってみようと・・・

楽器の悩みはつづく・・・

・・・で、上記Victoriaの楽器を使って今月末3月31日に東京・国分寺クラスタにて田中のソロアコーディオンライブを開催します。
年度末の忙しさもあるかもしれませんが、お時間ございましたら是非お越しください!


▼3月31日(金) 開場19:00 開演19:30 ~ 2セット   
▲チャージ1,500円(+2ドリンク券1,000円)
田中トシユキ solo accordion LIVE
■会場:クラスタ (東京・国分寺) http://www.classta.com/
■出演: 田中 トシユキ (accordion, piano) 

★国分寺クラスタでは過去にボサコルデオンLIVEを2回開催していますが、久しぶりの同店出演は田中のソロと急遽決定しました。
JAZZ,MUSETTE, CHANSON, TANGO, BRAZIL,ORIGINAL etc.etc. 一部ピアノソロも交えながら2セット、たっぷりとアコーディオンソロをお送りします。使用楽器は今回はフレンチではなく小型のイタリア式(Victoria)。田中の新境地をご披露したいと思います。皆様のお越しをお待ちしております。ご予約はクラスタかボサコルHPよりどうぞ⇒https://bossaccordeon.jimdo.com/contact/



[PR]
# by bossaccordeon | 2017-03-10 11:16 | アコーディオン | Comments(1)

3月・4月スケジュール

・・・を暫定でボサコルHPにUPいたしました。春が待ち遠しい・・・
https://bossaccordeon.jimdo.com/concerts/

3月は公開ライブは少な目ですが、4月以降、増えてまいります。
5月と6月はボサコルで今までにない場所、カタチでコンサートを予定しております。
詳細分かりましたらお知らせいたします。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

https://bossaccordeon.jimdo.com/

a0093928_14401115.jpg




[PR]
# by bossaccordeon | 2017-02-24 22:15 | ボサコルデオンHP | Comments(0)

バヤン!?売ります。

先日お知らせしていたアコーディナ・ローラン・ジャリモデルは、
目出度く某音楽愛好家の元へ旅立ちました。
ありがとうございました!
新しいオーナーの下でまた優しい音色を奏でて欲しいと思います。

■さて、楽器の断捨離みたいな状態になっていますが珍しい楽器をご紹介したいと思います。
興味ある方にはえーっ!?というお値段で・・・と考えています。
ご質問・お問い合わせはボサコルHPよりどうぞ。
https://bossaccordeon.jimdo.com/contact/

◆↓ ロシアンアコーディオン、バヤンのシンプルモデル。
a0093928_1295148.jpg

a0093928_1210652.jpg


これはロシアのアコーディオン弾きが帰国時に手放していったものを譲ってもらったのです。
大変珍しい楽器だと思います。
バヤンはもちろん現在も生産されていてイタリアのアコーディオンメーカーも普通に作っています。
よくあるのはクラシックを演奏するためのフリーベース仕様のもので広い音域の大きな楽器です。

この写真のものはどちらかというとロシア民謡などの演奏で使われるシンプルなモデルで、左右ともスイッチ無しで固定ですが、右MMの音域は凄く広くて何と最低音はGで、普通の鍵盤モデルの最低音Fの7度下まであり信じられない低音が響きます。
最高音もF♯ まであり、全部で60音です! ピアノ式の通常の大型41鍵(つまり41音)からみると信じられない音域の広さ。スイッチ無し2セットMMのリードでも全く問題ありません。
MMは波の少ない極めて趣味のよいドライチューニング。

だだし、日本で多く広まっている(といってもごく狭い範囲ですが…)イタリアC配列ではなく、3列目にCがあるB配列ですので、私もそう簡単には弾けませんが、最初からこれで覚えたら問題ないと思います。

左ベースは上がF列、下がE列で音域が少しずれていますが普通のストラデラ120ベース。
しかし迫力のベース音です。

ケースは手作りの布製の袋?が付いていましたが、これは流石に使えなかったので捨てました。
120ベースアコーディオンのケースでしたら充分に入ります。

完全な状態とは言えませんが、取りあえずは鳴りますし、独特な発音と超広音域は魅力です。
これでB配列に慣れれば世界には同形式のアコーディオンはたくさん在りますので奏者としても面白い存在になる・・・かもしれません?


興味ある方、お気軽にお問い合わせください。
https://bossaccordeon.jimdo.com/contact/



[PR]
# by bossaccordeon | 2017-02-19 14:34 | アコーディオン | Comments(0)

ボサコルライブほかin Tokyo

2月3日、新富町マデイラ(ボサコル)、2月4日、立川かるふーる(田中ソロほか) 2月5日はEmiさんが三軒茶屋のライブハウスで(画像無し)・・・等、いろいろと有った3日間。
そして田中はめでたくカンレキを迎えたのでありました。
普段誕生日パーティーなんてやりませんが、流石に還暦、皆さんに祝っていただき感激しました。これを機に更に修行し上を目指しますね。ありがとうございます!

マデイラでは初めての会場にも拘わらずたくさんのお客様に来ていただきました。
ちょっとPAトラブルがありましたが何とか2セットお送りできました。
また是非伺いたいと思います。
a0093928_12275631.jpg


a0093928_12282225.jpg



立川かるふーるは厳しい!大変に緊張する場所ですが、今回もやはり・・・
田中ソロは硬かったですが、その後の交流会や打ち上げも本当に楽しかった。
主宰の工藤さん、本当にお世話になりました。ありがとうございます!
a0093928_12304123.jpg


a0093928_123188.jpg


a0093928_12322351.jpg


[PR]
# by bossaccordeon | 2017-02-09 12:33 | ライブ | Comments(2)

アコーディナ売ります!

多くのリアクション、FBページのシェア頂きありがとうございます! 例のアコーディナは新しいオーナーさんの元に渡りそうです。お問い合わせ頂きありがとうございました。

◆2000年にパリ郊外モントルイユのアトリエで注文して数か月後送られてきた楽器、
ローラン・ジャリ(Laurent Jarry)氏製作の木製アコーディナ(ボタン式鍵盤ハーモニカ)を売ります。

貴重な楽器で、素朴で素晴らしい楽器ですし、私のボタンアコーディオン黎明期?にはイタリア配列(Cグリフ)に慣れるために重要な役割を果たしてくれました。その後現在のマルセル・ドゥリュー作の楽器と巡り会いそちらを使うようになったのです。
正直に言えば息の効率は少し厳しいのでライブなどではマイクをうまく使う必要がありますが、これはアコーディナや鍵盤ハーモニカのすべてに言えることです。でも職人さん(ローランさん)手作りの本当にきれいなデザインです。
ボタン部分も大変ソフトで弾きやすいです。

想い出の楽器といえばそうですが、いつまでも使わずに手元に置いておくより欲しい方にお譲りしようと考えました。
国内では東京の谷口楽器さんのHPに中古楽器が載っていましたのでご参考にされてください。
http://shop.taniguchi-gakki.jp/products/detail.php?product_id=3305

私のアコーディナはハードケースは付いていませんが職人さん手作りの木製の箱入りです。実際に持ち歩くときは緩衝材に包んでバッグ等に入れます。ちょっとやそっとでは壊れません。付属のマウスピースは余り出来が良くなく結局紛失しましたが吹き口に直接息を入れた方が効率が良いです。また材質はチェリーです。お値段は要相談ですが半分!程度で・・・

興味のある方がいらっしゃいましたらご連絡いただければご相談にのります。
https://bossaccordeon.jimdo.com/contact/

ボサコルHP楽器紹介にも少し載っています。
https://bossaccordeon.jimdo.com/instruments/

a0093928_19134895.jpg


a0093928_19143673.jpg


a0093928_19145252.jpg

[PR]
# by bossaccordeon | 2017-02-07 19:17 | お知らせ | Comments(0)

東京3days

今日は冷たいみぞれが降り風も時折強くなる最悪の天候。

早く春が来ないかな・・・と真剣に思う。沖縄に住みたい・・・

で、そんな感情を音楽で表現するべく、今週末は東京ライブ。
節分の日は新富町マデイラでのボサコルライブ。
▼2月3日(金) 19:00 open 19:30 start 終演22:00(予定) 
▲チャージ3,000円(飲食持ち込み可。ドリンクは会場でオーダーください。)
ボサコルデオン LIVE in MADEIRA(マデイラ)
■会場: マデイラ http://4030.ne.jp/ss/index.html (東京都中央区湊3-4-11 1F)
■出演: ボサコルデオン さとうえみ(vocal, guitar) 田中トシユキ(accordeon, pf, vocal. pandeiro, etc.)  
a0093928_1334841.jpg


続いて2月4日は立川のアコーディオン喫茶?「かるふーる」にての田中アコ―ディオンソロミニライブと演奏交流会参加です。

▼2月4日(土) 開場13:00 演奏13:30 ~14:00 +演奏交流会~17:00   ▲参加無料 要予約
田中トシユキ solo accordion mini live + 
http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/2016/12/201724-266d.html
■会場:アコーディオン喫茶かるふーる http://happytown.orahoo.com/harmonie2000/

ご予約は主宰の工藤絵里さんのブログから左上メールでどうぞ。http://accordeoncarrefour.cocolog-nifty.com/seseragikomorebi/


◆そして2月5日は田中の生誕記念日。祝還暦!
プレゼントなど喜んで頂きます(笑)
いや、これといってイベントは無いのですが、Tokyoベイアコへ立ち寄ってまた試奏など予定。
ボサコルEmiさんは某会場(非公開)で演奏予定。


[PR]
# by bossaccordeon | 2017-01-30 22:26 | お知らせ | Comments(0)

冬のオープンカフェ・・・??

どうゆう感じなのか分かりませんが、おそらく寒くはないはずです?
お時間ございましたらお越しください。

▼1月28日(土) ①13:00~13:20 ②15:00~15:20  ▲無料ステージイベント
ボサコルデオン LIVE in ヨリネスしばた 
■会場:ヨリネスしばた 一階 札の辻広場
■出演: ボサコルデオン さとうえみ(vocal, guitar) 田中トシユキ(accordeon, etc.)  

★新潟県新発田市の札の辻広場でのオープンカフェイベントでボサコルが演奏します。
午後のひとときカフェメニューと音楽でゆっこりとお過ごしください。 他にジャズピアニストの斉藤伸宜さんも出演します。
a0093928_11245137.jpg

[PR]
# by bossaccordeon | 2017-01-26 11:25 | お知らせ | Comments(0)

初心

冬のジャズストリート、29回目が終了しました。
いつもながら事務局、運営スタッフ、ボランティアの方々、そしてミュージシャンと観客の皆様に本当に感謝いたします。
いろいろとこの催しについては賛否両論あるかと思いますが、私はプロ・アマ問わず参加した人がそれなりに収穫を得られればそれはそれでよいのではといつも思っていますし、実際、何かと勉強にはなる時間ですし、何といってもこれだけの観客数というのはなかなか普段お目に掛かれません。
ただ、お客様には是非、この日だけでなく普段のライブにも足を運んでいただけるよう、まあ、これはミュージシャン側が気を引き締めるというのも第一ですが、お願いしたいと思います。

今回、私の出番は13時からの「シェガンサ」と22時からの「田中DUO&大波ようこ」の2か所。
■シェガンサでは遂にバンドリンを弾いてみました(みました・・・というところが状態を表している)、
しかしやはりバンドリンは勇み足! 久し振りに味わった挫折感…とほほ。メンバーやお客様には本当に失礼しました。この楽器を始めて3週間余りでステージで披露してしまった自分自身に同情してます(笑)…
a0093928_11374714.jpg
↑写真はFBより拝借(宮靖さん、ありがとうございます)

何でも楽器を始めたばかりの頃、味わうもどかしさを久しぶりに実感すると共に、初心忘れるべからず、という言葉がグルグルと頭の中を巡っていました。

シェガンサではいつものクラリネットとパンデイロに一曲だけトライアングルも使用しましたが、特にクラリネットの自由度に欠けたのが本当に残念。
これはちょっと考えなければ・・・まあもう少し待ってください、見守って?ください。

楽器に関係なくショーロという音楽を「身につける!」という課題に還暦の今年も挑戦します(大げさか・・・)。

■そして最後の時間 田中DUO&大波ようこ ではそんなもやもやを吹き飛ばしたい一念でピアノに向かいましたよ。もちろんこちらも自由には行きませんでしたが、大波ようこさん、ベースの文河潤さんの力とお客さまの盛り上がりもあり、楽しい時間で終わることができました。
a0093928_12545667.jpg
↑新潟日報モアブログより(撮影:原浩二さん)

次回の夏の30回目のジャズストリートはスケジュールの関係で私はノーエントリーとなるかもしれませんが、今後も期待しています。



[PR]
# by bossaccordeon | 2017-01-23 11:38 | ライブ | Comments(0)

Niigata jazz street

◆年が変わっても相変わらず時はどんどんと進みますね。

もう新潟のジャズストリートがやってきます。
今回が29回目だそうです。今年の夏はいよいよ30回か・・・

という訳で、私は最初のほうと最後の時間帯で2か所出演です。

前回の投稿で新しくシェガンサが導入したバンドリンの話をしましたが、
先日のリハーサルでちょっと弾いてみたところ、流れで今回のジャスストリートで数曲弾くことになってしまいました。

まあ・・・、お祭りだし・・・良いか!?ってことです。

なのでお耳汚しだとは思いますが楽しんで演奏しますので13時からの「シェガンサ」是非聞きに来てください!


もう一つの「田中DUO&大波ようこ」、も是非。
ジャズボーカル+ピアノ+ベースですが、そこはワタクシ。いろんな意味で普通じゃないので面白いですよ。
インストではパリの伝説のアコーディオニスト、ジョー・プリヴァの曲をピアノとベースで演奏予定だったりします。
会場も演奏者の至近で楽しむことが出来る可児さんです。
夜の最終時間帯22時からですがよろしければ是非お越しください!


▼1月21日(土) 第29回新潟ジャズストリート http://www.niigata-jazzstreet.com/

◆13:00~14:00 @ ホテルオークラ新潟 http://www.okura-niigata.co.jp/
3Fエジンバラ
出演:シェガンサ 岡田正博(fl) 田中トシユキ (pandeiro, cl、bandolim) 黒田隆彦(7-strings gt) さとうえみ(7-strings gt) 岡田保紀(cavaquinho) 伊藤哲(pandeiro,tamborim)

★ジャズスト連続出演の新潟唯一のショーログループ「シェガンサ」。会場のエジンバラはゆったりと大きなソファで演奏が聴ける好ロケーション。
a0093928_22451389.jpg



◆22:00~23:00 @ ドクター可児 (古町通1 ℡025-223-0851)
出演:田中トシユキDuo &大波ようこ  大波ようこ(vo) 田中トシユキ(p) 文河潤(b) 

★ボーカル大波ようこさんとは毎回共演させてもらっています。今回はベースに潤さんを迎えまた違った面が見えるかも・・・(注:写真のベーシストは上野公一さんです)
a0093928_22513428.jpg




[PR]
# by bossaccordeon | 2017-01-15 22:41 | お知らせ | Comments(0)

バンドリン

今年の正月は普段と変わらぬ何の変哲もない日々でした。
一月は出番少な目、スキルを上げるべく勉強、練習ですね。

私が加わっているショーログループ「シェガンサ」が、昨年暮れにブラジルから新しいバンドリン(ブラジルのマンドリン)をカンパで購入しました。

ブラジルでは有名な総合楽器メーカーの普及品クラスのモノですが入門用にしてはまあまあ。フォーンアウト付で安いものですが送料・手数料等掛かりそれなりの値段に・・・。
昨年の丁度今頃、ブラジル・サンパウロでいろんなタイプのバンドリンが結構安く店頭に並んでいて思わず衝動買いしそうになって思いとどまったのですが、あの時買っておけばよかったなあと、ちょっと後悔しています。
a0093928_10595821.jpg


え?・・・誰が弾くのか?

それは・・・取りあえず?ワタクシ。

以前からシェガンサ内で「ショーロにはやはりバンドリンが欲しいよねー!」という話をしていて、バンドリン奏者を募集していましたが、当たり前というか当然というかそんな人は新潟には居ないんです(ブルーグラス系のフラットマンドリン奏者には素晴らしい人達が居ますし、クラシック系のいわゆるマンドリンアンサンブルは何団体か有るのでそれらの奏者はたくさんいらっしゃいますが・・・)。
何回かのホーダでフラットマンドリン奏者Sさんが参加してくれてその響きに感動していました


そこで私がかなり昔にちょっとだけバイオリン(同じ調弦なので…)をカジっていたことを口にしたとたん、
バンドリン購入の話が盛り上がり、メンバーの知人のブラジル人を頼って購入に至りました。
そのメンバーK氏も同じものを購入したので2本有りますが微妙に違うものですね。

はっきり言って、ただでさえいろんな楽器を演奏していて大変なのにバンドリンなどやっている余裕は無いのですけれど・・・

仕方がないので正月三が日はバンドリンを研究。

そうしたら、これは想定内でしたが・・・

面白い!!(笑)

すっかりハマってしまいました。
購入した楽器は残念ながら少し小型のようですし、慣れない小さめのフレットは厳しいですが心配していたコードフォームも4弦内で考えると意外にイメージ湧いて自分で作れることが分かりました。
40年以上も前に練習していたバイオリンの教則本(何故か手放せない…)を引っ張り出してみたら結構役立ちましたし、その中のいくつかの曲を当たってみたら思わず懐かしさに浸ってしまいました。

まだまだ実用には程遠いですが、取りあえず近いホーダ(2月11日)で弾いてみようかと・・・もう一人の持ち主K氏にも期待しています。
https://www.facebook.com/events/1309373305771041/

ワタシには絶対に期待しないでくださいね・・・(そんなひと誰もいないとは思いますが・・・笑)

でも、いつかはこんな感じで演ってみたい↓




[PR]
# by bossaccordeon | 2017-01-04 11:12 | 音楽 | Comments(0)

肩こりアコーデオン弾きの日常メモ・・コメントご遠慮なくどうぞ(記事と無関係でもOK)


by bossaccordeon
プロフィールを見る
画像一覧