とりあえずこんな楽器かなー?

Live infohttp://www.d3.dion.ne.jp/~atagiin/concerts.htmla0093928_1040564.jpg
le blog d'Emi http://emicantora.seesaa.net/a0093928_10421180.gif






前回の記事に書いた、現在イメージしている中でこれはという楽器を挙げてみる。
だからといって今すぐそれが買える訳じゃないし、関係ない人にバラしても?何の意味もない。
・・・いや、ひょっとして、「それなら買ってあげよう!」っていう人現れ・・・ないよなあ・・・。

まず、あのcobaさん以来、日本でも大変有名になったブランド、《Cavagnolo》「キャバニョロ」の最近のモデルで、その名が泣かせる《Manouche42》マヌーシュ42、そう、あのジャンゴの名曲、
Swing42とマヌーシュ(ジプシー)を掛け合わせたみたいな・・・
a0093928_231831100.jpg
MMLで8k台の軽さ。これは魅力だ。所謂チャンバー(共鳴箱)無しの潔さ。おそらくそれっぽいチューニングが想像できる。マットブラックの仕上げも良いなあ!
約7,000€。高っ!






そしてこれは私のアイドルの一人盲目のアコ奏者マルセル・ロフラーの使っている新しいブランド、《Gadji》ガジ?かな。いくつかタイプがあるが基本的にJazzを念頭に置いた楽器らしい。a0093928_23202625.jpg
a0093928_23411246.jpgやや重いのが?ではあるが、ロフラーのソノリテ(音色)が好きなのでどうしても・・・
価格不明。







そしてこれまたアイドル(結局みんなオジサンだが・・・)の一人、マルク・ベルトミューの使っているイタリアの主にディアトニックで有名なブランド《Castagnari》カスタニャリ?かな。・・・のクロマチックモデル、Magica3(マジか?笑)。
a0093928_23232430.jpg
これもノーチャンバーでMML。しかし軽い独特の音色を持っている。
8,5k、価格不明、おそらく高い。
パッと見ディアトニックっぽいが、ちょっとデザインがやり過ぎなのが?



↓マルクのちょっと軟派?ぶりが照れる最新アルバムのpv



他にもいくつかあるが、とりあえずこんなところ。
いずれも8K~9kってところ、9kgというのが限界だ。巨大なアコーディオンはもういらない。(いや現在メインで使用のPiermaria(ピエマリア)は約11kgだがもちろんこれはこれで良いんですけどね)

・・・

スポンサー希望の?方、いらっしゃいましたらご連絡お待ちしております(笑
[PR]
by bossaccordeon | 2011-06-25 23:28 | アコーディオン | Comments(0)

肩こりアコーデオン弾きの日常メモ・・コメントご遠慮なくどうぞ(記事と無関係でもOK)


by bossaccordeon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31