アコーデオン諸々

8月ライブ⇒http://atagiin.exblog.jp/15892310/

例の有名ブランドの小型アコーデオンのハナシ、
今回は残念ながら諦めました。やはり資金の問題が大きい。
芸人は辛い。メインとなる楽器なら仕方ないけれど、サブで旅用(少し遊び入るし)となるとなかなか資金が回らない。

しかしその楽器、やはり気になっているかたがいらっしゃると見えて、試奏の話が続いているそうです。
しかしそのアコーディオン店(店舗が有るわけじゃないけれど・・・)にはそれこそ山のようにあらゆる種類の楽器が置いてあるからして、目的外のものに目移りすることも有るらしい。

凄くよくわかる話だ。
私もお伺いしたときには視線が定まらなかったしね。

・・・

さて、アコーデオンのつまらないお話。

特にボタン式クロマチックアコ(ディアトニックも然り)の場合は鍵盤式以上に奥が深いと思う。
なぜなら楽器自体もいろいろなタイプがあるし、ボタン式のフィンガリング(運指)にもさまざまな方法が有るからだ。ピアノ鍵盤の運指に関してだっていろいろ人によって違うことはあるが、おおよその原則はそれほど崩されていないようだ。何せ、今の鍵盤というものウン百年に渡って築き上げられたかなりの歴史があるから。


しかしボタン式の配列はアコの歴史同様、まだまだ生まれたばかりと言っても過言ではない。
そう、押し引き同音のクロマチックアコーデオンというのはボタン式が先で、鍵盤式は後らしいけれど、どちらにしても楽器としては新しいものに属する。

鍵盤というのは色違いもある(白黒とは限らぬ、チェンバロみたいに白黒逆もあれば、白赤、茶白、はては全部黒いのもあるよ。全部白は観たこと無いけどそれでもOK・・・)。しかし鍵盤自体の配列は絶対変わらないよね。

それに対して、ボタン式の場合は配列の方式が数種類有るうえに、色なんて基本的になんでもよいんだし、上記のように、歴史がまだ浅いから人によって、国によって、スタイルによって、等、とにかく山ほどバリエーションが有るんですね。

だから、結局・・・弾ければどんな運指でもスタイルでも良い!ということ。


ここからはマニアックですが、田中も使っているフレンチタイプのボタンの場合、よく言われるのが右手親指を使う、使わないの奏法タイプ。

私の持論では、「どっちでも良い」・・・なんですが、世の中色々と考える人がいるようで、伝統的なフランスのアコーデオニストが親指使わない「4指奏法」が多いのは、そのほうが「歯切れ良い」「素早く弾ける」「迫力が出る」・・・等々、思っている人がいるようです。
これは、まあ、たぶん・・・思い込みでしょう。

ただ、基本的に右手を見ないで弾く(左手然り)アコーデオンでは、弾いている位置を正確にとらえる必要があるから、親指を楽器に当てて残りの4指で弾くのは音程等距離感を掴むうえで理にかなっているとは言える。

だから基本的に4指奏法をも練習しながら場合によって5指を使う(使えるようにする)のが、特に伝統を持たない奏者、あるいは音楽的に必要な場合(クラシックやジャズ等和声的な要素が影響する)はもちろん、最善だと思っている。

a0093928_23495015.jpgフランスのアコーデオン奏者でも伝統的4指奏者も多いが、たとえば有名なRichard Galliano(リシャール・ガリアーノ)→のように基本的に4指奏法で、もちろんJazzだから必要に応じて5指も多用する人もいれば、昨年で引退を宣言して日本にもファンが多いDaniel Colin(ダニエル・コラン)↓のように基本的に5指奏法の奏者もいる。
a0093928_2349599.jpgまたフランス人でもベルギー式やB配列の奏者もいるし・・・
もちろんドイツ、イタリー、北欧、ロシアほかに無数に個性がちりばめられているんです。 
とにかくあらゆる運指、スタイルの奏者がいるのがボタン式の特徴かな。

だから、ボタンはやめられぬ。

基本、しつこいようですが何でも良いんです、・・・いい加減な自分にピッタリ。

最近つくづく、「ボタンアコーディオンやってて良かった~!」 と思う。

飽きないし、まだまだ未知の領域に踏み込める余地が相当残されている筈。

・・・

◆まただらだら書きました。
アコーデオン興味のない方で、ここ、まで読んだ方、偉い!ありがとう。
[PR]
Commented by ジャムおじさん at 2012-08-03 16:01 x
大変参考になりました。右手親指の使い方
なんとなく、4本より5本の方が数が多くてよさそうな気がするのですが~(初心者)
Commented by とらねこウッズ at 2012-08-03 16:42 x
中ノ島美術館・3人の技の一体感はサスガ!!でした。そして山の下市場では、プロデュースとライブ大変お疲れさまでした。山の下は昨年逃した分を挽回の、いやー、多種多彩な音楽と才能をハシゴでき、ビックリ! 地域の人達の活気も見事でしたし、ボサコルデオン単体も、SPバンドも、五十嵐さん内山さんも、そして観客も夏の祭りを楽しめたと感じました!
Commented by たなか at 2012-08-03 21:44 x
>ジャムおじさん様
つまり5本のほうが良いと思えばそれでよいし、お好きなほうで・・・でも4本というのはやってみる価値大です。

>とらねこウッズ様
本当にいつもありがとうございます! 表彰状差し上げたいくらい(笑)来て頂いて・・・嬉しい感想も・・・
またお待ちしております。
Commented by ポピンズ at 2016-09-19 23:45 x
其れは、左手でも親指使っても反則じゃないってことですよね?(^^;;
Commented by たなか at 2016-09-20 17:38 x
>ポピンズ様
左手の親指は7thコードボタン等を弾くとき時々使います。つまり一番外側の列(普通のアコではdimか7thボタン列、フレンチモデルでは普通は7thボタン列のみ)です。その他の使い方は知りません。
何をやっても結果が良いなら反則ということはありませんね・・・
by bossaccordeon | 2012-08-02 23:26 | アコーディオン | Comments(5)

肩こりアコーデオン弾きの日常メモ・・コメントご遠慮なくどうぞ(記事と無関係でもOK)


by bossaccordeon
プロフィールを見る
画像一覧