ガリアーノ

ジャズアコーディオンの世界的奏者といえば第一に挙げられるのがR.Galliano(リシャール・ガリアーノ)。
他にも多数奏者は居ますが、オリジナルの楽譜が出版されているといえば先ず彼ですね。

以前も書きましたが、ガリアーノの曲を弾く奏者は結構いらっしゃいます。でも私は意識して弾いてきませんでした。(・・・というか弾けない!というのが本音ですけど・・・)
しかし歳も歳だし(笑)ちょっとは勉強しないとダメかな?と、思い、現在もよくガリアーノ本人も取り上げていて、ジプシージャズの奏者も時々演奏するWaltz for Nickyという曲をジャズストリートで(ブルーゼットリオ)弾いてみることにした。
a0093928_18483335.jpg

今まで人前ではマルゴーのワルツくらい、しかもソロでしか弾いたことが無かったのでドラムレスだがトリオで他曲を弾くのは大げさなようだが挑戦だ。

ガリアーノのワルツは大変速いテンポが多いけれど、弾いてみると、勿論難しいのだが、いろいろと分かる事があってなるほど~!と・・・
彼の有名な言葉で「ミュゼットのワルツも元を辿ればアフリカに行き着くのさ!」(・・・だったかな?)というのが、少しは分かる気がした。

ブルーゼットリオの出演は7月13日(土)16:00~17:00 東堀のLIFEにて。
http://www.life-niigata.com/index.php
[PR]
by bossaccordeon | 2013-06-30 18:58 | 音楽 | Comments(0)

肩こりアコーデオン弾きの日常メモ・・コメントご遠慮なくどうぞ(記事と無関係でもOK)


by bossaccordeon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31