◆最終回です。読んで頂いた方、どうもありがとうございました。
また、こんな私にコラムを任せていただいた日報さんにも改めて感謝いたします。

a0093928_16291372.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-12-11 16:29 | 新聞コラム | Comments(0)

◆今回も他愛もない内容です。
冒頭に出てくる喫茶「麦」は、今でもちゃんと営業していてhttp://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13018618/、数年前にも行ったけれど、やはりというか、今も分煙されていないのでちょっと辛かった。でも好きです。懐かしの絶品プリン!、スが入っていて過度に甘くなく程良い固さ。  今時はどこでも、なめらかでクリーミィ? 「甘くてとろけそう!?」・・・そんなのが良いですかね?
どーでも話題ですが。


あと、昔あった「カノン」についてなにかご存知のかたがいらっしゃいましたらお知らせください。


この記事もあと1回のみとなりました。
それでは「名曲とコーヒーと・・・」、(原稿は「珈琲」だったのですが新聞表記ルールで・・・)
どうぞ。

a0093928_1522296.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-12-07 15:33 | 新聞コラム | Comments(0)

◆8月から10月まで新潟日報、火曜日の夕刊に連載されたエッセイを、こちらのブログに週2回掲載していますが、10回目になり、そろそろ皆さんに飽きられてきたようなそうでもないような・・・?
あと2回残っていますのでよろしければご覧下さい。大体水曜と日曜に更新しております。

◆第10回はアコーディオンが如何に世界に広まったかを少~し。まあ私が語るのも何ですが・・・
リシャール・ガリアーノはインタビュー映像で本当に嬉しそうにアコが旅の友だと語っていましたよ。

それではどうぞ。
a0093928_1954425.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-12-03 20:04 | 新聞コラム | Comments(0)

◆第9回のエッセイも、ちょっと恥ずかしいのです。
いろんな意味でピアノ(や音楽そのものにもですが・・・)というものにコンプレックスを抱き続けてきましたが、こんなかたちでそれを人様に知らしめることになろうとは(笑)・・・

バレエ・ピアノについてはもっと沢山書きたいところでしたが・・・
このブログのカテゴリ欄に「バレエ」を設けてあります。僅かですが興味がある方はお読みください。

それでは「ピアノの記憶」、どうぞ。

a0093928_22401097.jpg


[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-30 23:07 | 新聞コラム | Comments(0)

◆「スイング」・・・当然「スウィング」と表記したいところですが、新聞表記ルールで何故か決まっていることなので・・・本文出だしで釈明してます。

パリ・ミュゼットに関して、私の琴線に触れた部分をもっと強調したかったのですが、まあこんなものです。
この「パリ・ミュゼット」というアルバムによってアコーディオンに引き寄せられた愛好家からプロ奏者までかなりいらっしゃるようで、「ミュゼット音楽」の本質から少し離れた感も否めないとはいえ、本当に素晴らしいアルバムだったと思います。
本文にもありますが、興味を持たれたかたは是非お聴きください。

a0093928_11501098.jpg→国内盤、エピック・レコード・ジャパン「パリ・ミュゼット」vol.1~3 はかなり高額になっていますね。
特にvol.3は入手困難なのかな?
a0093928_11503845.jpg
←輸入盤はLABEL LA LICHRE からのParis Musette で検索してみてください。
高額でもそれぞれ収録曲も多く時間も多めですので価値も有るかと思います。
Youtubeなどではあまり見付からないのです。






◆それでは晴雨計エッセイ、「スイングするワルツ」を、お時間ございましたらどうぞ。

a0093928_22595453.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-26 23:28 | 新聞コラム | Comments(0)

昨夜の地震、驚きましたね・・・ちょうど上越の清里区にある山荘でのワインパーティーで演奏して、満天の星空を満喫(天の川見えた!)しつつ、国道を走っているとき久々の警報が・・・
帰ってからニュースを見たら、上越清里区で道路に亀裂が入り捲れ上がっている映像が!?
一時間ズレていたら真っ暗な山道で地震に遭遇だった・・・

◆さて晴雨計エッセイ、今回はまたしても旅のハナシ。
掲載後、知人から「田中さんに放浪癖があったとは知らなんだ・・・」てな感想をいただきましたが、
私の旅なんてそんな大したことありません。もちろん詳しく話せば長くはなりますが、やはりこのサイズの連載ではどうにもなりません。しかし、旅は常にしたいものです。出来ればずっと・・・これって、放浪癖!?

お時間ございましたらどうぞ・・・

a0093928_2023194.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-23 20:24 | 新聞コラム | Comments(0)

明日はメトロポリタン秋田のボジョレーイベントでの出演です(ボサコルデオン)。
http://www.metro-akita.jp/event/wineparty20141020.html
チケット完売のようです。秋田の皆様よろしくお願いします。(ヌーヴォーいただける事を期待して・・・)
この時期はワイン関係そこそこ頂いてます。22日は上越でも演奏します(プライベートパーティのようです)。


◆晴雨計、今回は単純な思い出話です。お時間ございましたら。

もうずっとナントを訪れていないのですが、本当に行きたい。そして出来れば住みた~い!・・・ 

a0093928_175501.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-19 17:32 | 新聞コラム | Comments(0)

◆「ひとりで学ぶということ」。私なんぞが新聞コラムで持論を・・・なんておこがましい。 わずか数週間前の作文なのに今読むとかなり恥ずかしい。これはまあ・・・「つぶやき」ですのでね。どうぞ大目にみてください。

a0093928_22461127.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-16 22:58 | 新聞コラム | Comments(0)

・・・に載った、田中の記事です。
整理していたら出てきたので、UPしてみます。お時間ございましたら。

昨年3月のある日突然、取材の話が来て、五月女さん(何という雅なお名前!)という若い女性記者がレッスン室にいらっしゃいました。
アコは今はもう無いSEMですね。少し下からのアングルですので大きく見えます。

新潟のJAZZというテーマで幾人かの方に取材したらしいですが、他の方は分かりません。
こうゆう記事って記者さんが書くのでどんな内容になるか、全くお任せ状態。確認校正も無かったのです。
結果・・・まあこんなものでしょうか?
それにしても「元バンドリーダー」・・・?というのは笑えます。

ちなみに五月女さんはこの取材後に、青森支局へ転勤になったそうです。時期がちょうどね・・・。

a0093928_111860.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-15 11:05 | 新聞コラム | Comments(0)

◆「近くて遠かったふたり」。今回も全くまとまりのない文章ですねえ・・・。
私はいろんなものにコンプレックスを抱きながら生きてきたのですが(笑)、cobaさん(の演奏)を初めて見たときも、どうにも抗い難い壁のようなものを感じたのです。
その存在は大きかった。全く凄い人生を歩まれている。現在も突き進んでいますね。

ところで、この「近くて遠かったふたり」が掲載されたあと、cobaさんのお母様から直々に「お礼」?のお電話を頂きました。新潟のお知り合いの方が夕刊を送られたそうです。そんな大したこと書いてないので、恐縮してしまいました。
ありがとうございました。

a0093928_11415998.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2014-11-13 12:21 | 新聞コラム | Comments(0)