夕日コンサート?

昨日、新潟市西区の青山海岸「nef」にて、今年2回目のシェザコルデオンパーティーでした。
この場所は毎年8月に「日本海夕日コンサート」が催される場所。
昨日も発表会演奏(一応)を始めようという午後5時近くには佐渡を望む日本海に本当に美しい夕日が落ちてゆき、皆さんため息しばし・・・

で、パーティーは教室の皆さん(今回はやや少なめ)、そしてゲスト、長岡からの「田舎のアコ弾き」さんと、会場ネフのオーナーで新潟弁でカンツォーネを歌う「越後カンツォーネ・カムキ」さんのお2人、そしてお手伝い?のボサコルEmiさん、田中等の演奏がディナー時間を除き9時まで続きました。
全員での初見!合奏3曲もなかなか美しかったですよ。

演奏の皆さんお疲れさまでした。そして観に来ていただいた皆さんありがとうございました。

次回のシェザコルデオンパーティーは来春か秋に予定しています。

生徒さん達の演奏画像も有りますが・・・了解を得ていないので、とりあえずこんなのですみません。

長岡からのお客様で二胡を勉強されている方から楽器を借りて演奏する田中(ウケてる?)
a0093928_939033.jpg

ゲストの「田舎のアコ弾き」さんとアコーディナで・・・
a0093928_9392196.jpg
[PR]
by bossaccordeon | 2009-09-27 09:44 | シェザコルデオン | Comments(2)

4月22日は、フラメンコ・バル「アンビエンテ」にて、シェザコルデオン・パーティ(田中のアコ教室の気楽なライブ・パーティです)を催した。

当日は一日中雨模様。しかも会の始まる5時半から6時くらいに一番雨脚が強まるという皮肉なコンディションのなか、しかし、定刻どおり全員が集まりました。
ゲストでお呼びした長岡の「田舎のアコ弾き」さん、多忙のためかなり遅れるという話だったが、なんと6時前にはいらっしゃいました。雨の中遠いところご苦労様でした。

さて今回の会場「アンビエンテ」の雰囲気、本当にヨーロッパを感じさせますねえ。
a0093928_164941.jpg写真はカウンター付近より見た吹き抜けの2階部分。オーナーがスペインにて仕入れたというシャンデリアに壁の深い赤がアンダルシア(か、どうか?分かりませんが・・・)を彷彿とさせます。そしてこちらのステージ!何回かそのことを書いてますが、本当に良い響きです。フラメンコのタップが生きるよう作られた固い木の床は楽器音もよく響かせてくれる。 当日はボーカルの予定もあったので一応マイクも使用しましたが、生音で充分店内に響きます。。
椅子も見たことの無いようなものが置いてあります。ちょっと座りにくいのだけれども、これもスペインのものらしい。おかげでステージも国籍不明だー!↓準備が整ったステージ風景
a0093928_1553713.jpg

会は5時半をちょっと回ってスタート、実はプログラムはあったのだが、田中、結局演奏順を決めかねていた。思いつきで山形からのゲストのお2人(よこくらさんギター、ゆうこさんアコ)のデュオからスタートしてもらった。これが良かったですねえ。良い雰囲気でした。
a0093928_15131499.jpg
これで雰囲気が柔らかく和み、続いてはほとんどプログラムに載せた「あいうえお順」にて次々と演奏が進みました。山形、柏崎からそれぞれ一人ずつのギター、そしてEmiさんも参加したのでなぜかギタリストが3人も居ました。
時間はあっという間に過ぎ9時を回って終了。次回は秋の予定。

生徒さん達の演奏曲名(奏者): 
長崎の鐘(五十嵐哲夫) チリビリビン(歌代景一) 
ROSE DE NOEL(小川洋子) 波濤をこえて(川内真名美) 
スティル・ミュゼット(行田麻美) 宵待草(田中俊幸)
インベンションNr.13(山崎令子) LA SPAGNOLA(渡辺貢英)ほか・・・
この他にゲストの演奏数々、セッション、他にハーモニカや歌も数々ありました。
ちなみにパーティなのでアンビエンテの美味しい飲み物&タパスも沢山頂きました。

ゲストの皆さん、そして生徒の皆さんどうもお疲れさまでした。
観に来て頂いた方々、アンビエンテさん、ありがとうございましたー!

全員の写真を載せたいところだが、これだけ。ごめんなさい。
a0093928_15535078.jpg
a0093928_15544184.jpg

a0093928_15564466.jpg
a0093928_15571698.jpg
a0093928_1558024.jpg
a0093928_15583496.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2007-04-25 15:06 | シェザコルデオン | Comments(6)

4月20日: 明日と明後日

今日は暖かい。このところずっと肌寒かったからうれしい。
さて、この週末土日のイベントのご紹介。

まず明日21日土曜よる7時ごろから演奏する店、「ル・コンセール・せぼん」というシャンソンの店でこちらでの演奏は初めてです。
シャンソン歌手でもある岡村輝雄さん経営の店で、グランドピアノもあり歌の設備(PA)マイク関係もしっかりしたところ。更にオーナーの集めたシャンソンを中心とした楽譜の蔵書も膨大!
この方、東京でシャンソンの店をやっておられたが事情で帰郷、しばらくおとなしく?営業していたが、客足が次第に遠のき、流石に営業努力が必要になってきたようで少しずつイベントも増やしていくということ。 今年の正月に田中は岡村氏と知り合い、今月から第三土曜に演奏することとなった。

田中はアコとピアノを気楽に弾きます(オーナーからの要望)。歌伴もします(楽譜をお持ちください)曲はシャンソンに限らずなんでも・・・平日料金です(3500円で2ドリンクおつまみ3品付)、 何時までやっているかもその日の気分で? 興味のある方是非どうぞ。

そして明後日、22日日曜は昨年秋に引き続き「シェザコルデオン・パーティ」田中のアコ教室の気楽な発表会です(ほとんど宴会?)。
場所はスペイン居酒屋「アンビエンテ」(新潟市中央区西堀前通3)
夕方5時半頃よりスタート、こちらも平日料金でオーダーのみで観られますよ!
生徒さん達にとっては余りお客さんに入って欲しくないかもしれませんが、
この機会に沢山のアコーディオン演奏を観てみませんか?
新潟では此処だけです。

なおこの会には山形からギターとアコのデュオがゲストで参加してくれます。上手いですよ!
それから長岡から「田舎のアコ弾き」さんも駆けつけてくださいます。これも楽しみ。
もちろん田中もアコもアコルディナもクラリネットも弾き吹きまくります。
こちらの会も終わりは未定、たぶん9時か10時までやっているかもしれません。
詳しくはHPにも載せています。
[PR]
by bossaccordeon | 2007-04-20 09:46 | シェザコルデオン | Comments(0)

ちょっと遅いですけど、10月7日に行われたシェザコルデオン・パーティ(田中教室の気楽な発表会)の報告。昨年に続き2回目の開催です。

この日は朝から雨模様でしたが、夕方には雨も上がりまあまあのコンディション。いつものように新潟市内のコーヒーショップ器での通常営業中の催しなので普通のお客様も(知っている人も知らない人も)いらっしゃいます。しかし今回は天候のせいもあってか発表会時には2~3人のお客様のみでちょっと寂かった。うーん、まだまだ始めたばかりですから、これからに期待。
しかし、長岡から来られた「田舎のアコ弾き」さんの飛び入り演奏もあり、会としてはそれなりにもりあがりましたよ。
器というところは普段ジャズを中心にライブが多く行われており、ライブの雰囲気もありスペースもゆったり、本当に良いところですね。ピアノもセミコンクラスのグランドで言うことなし。

演奏の方は、皆さんなかなか上手くいっておりました。あまり緊張することなく(お客さんが少ないからかな?)自然な感じで・・・この感じが田中が目指していたものだったのです。
以下に写真を、演奏者はボタンに転向して1年、しかもフリーベースでバッハを弾かれた山崎さん。
a0093928_17252728.jpg

当日のプログラム:
チム・チム・チェリー 歌代景一
河は呼んでる 五十嵐哲夫
アダージョ(マルチェロのオーボエ協奏曲より) 北山桂子(ピアニカ演奏)
インベンション第八番へ長調(バッハ) 山崎令子
L'oasis (ch.ペギュリ) 小川洋子
マリア・マリ 渡辺貢英
アマポーラ、キャラバン 田中俊幸

これ以外にそれぞれのレパートリイから数曲ずつ、そして「田舎のアコ弾き」さんが4曲、
全体では20曲以上になったんです。今回はシェザコルデオンの生徒全員ではなかったのですが(始めたばかりの人は弾かなかったし)次回は何とか全員参加で行きたいものです。
[PR]
by bossaccordeon | 2006-10-11 17:46 | シェザコルデオン | Comments(2)