カテゴリ:ライブ( 272 )

懐かしのキャバレー!?

先日の「わさんぼん」ライブ盛況のうちに終了しました。来て頂いた皆さん、ありがとうございました!
予想通りかなりの疲労を実感しました。
そして反省点は何といっても後半の体力、集中力の維持ですね。
後半、ミス多し。
個人練習とリハでは後半特に終盤の曲に時間を割くべし。教訓です。

とは言え、なかなか楽しい時間を送れたことは間違いなし。
もう次回のことをメンバー考えています。カフェ・エイゲツドウは雰囲気よく、集客に不安が無かったのですが、今度はもう少しゆったりした会場にと検討中。

初夏か晩夏か初秋?でしょうか。
a0093928_16062505.jpg
a0093928_16065228.jpg


さて、「俺のイタリアン」というジャズライブも毎日行われる話題の店が新潟市の中心部に1月25日に開店して田中も今月に入って2回出演いたしました。
これ、本当にすごい店で、連日満席になるようです。
食材にこだわりリーズナブルな値段で過ごせるとあって新潟市中心部は少しここに人の流れが集中している感じ。
そこが今後、古町を中心とし街の活性化につながることを期待しています。独り勝ちで他は衰退してしまう悪夢のような事態は絶対に避けたいところです。

ライブに関して言うと、この店のライブは今のところジャズを中心としたデュオの出演となっています。
基本が女性ジャズボーカリスト+ピアノかギター、たまにインストデュオが入る感じでしょうか。
BGM的じゃなく音響もお金が掛かっていてステージも客席の中心に向かってセットされてグランドピアノが鎮座しております。

これ例えがちょっと悪いですが、30年以上前に出演していたキャバレーを思い出します。
なかなか新鮮な雰囲気の中、4ステージこなすのですが実に面白く、お客様も音楽好きからそうでもない方々まで雰囲気を楽しんでいる様子が見てとれますね。

ボサコルのピアノバージョン(今後はアコも使用予定)は2/2に、ジャズボーカリスト阿部真由美さんとのデュオは田中の誕生日の昨日2/5にお送りしました。
画像を載せておきます。  
スケジュールはこちら⇒ https://bossaccordeon.jimdo.com/concerts/
a0093928_16040813.jpg
a0093928_16043298.jpg


[PR]
by bossaccordeon | 2018-02-06 16:07 | ライブ | Comments(0)

次回は初夏に・・・

先日のソロ・ライブ、満員のお客様(ありがたいことにキャンセル待ちの方まで!?)に来ていただき終了しました。
12月ということもあり前回の夜ライブから午後のライブにしたのが良かったですね。
新潟のこの時期、外が見える店ですので夜ですとちょっと暗い感じになるかもしれませんから…(演目が比較的暗いのでなおさら)。
来て頂いた皆さん、ドクター可児さんに感謝いたします。

ピアノの調律状態がやや問題でしたが、そこは自分なりに長年の蓄積もありうまく乗り越えましたよ。
アコーディオンはCooperfisaを使い、ピアノとの持ち替えが多いのでワイヤレスで。
そして結局2曲弾き唄いました!
長谷川きよしさんの♪鳩笛(フルートに急遽「わさんぼん」の山田文さんに加わってもらいまして) と、 
ジョビン&シコの♪Anos dourados(黄金の歳月)。
やっぱり下手な歌でも唄うということはお客様にそれなりに印象を与えるようです。
めげずに続けますよ。修行します。

ちょっと意外だったのは前回お送りしたアコーディナとピアノの同時弾きを期待していたお客様がいたこと。
これも次回はお送りする予定です。

終了後はフルート山田さんと可児のマスターのチェロとのトリオで♪津軽海峡冬景色(笑)マスターありがとう!

という訳で、今回も好感触、ご好評を頂きましたので次回も予定しています。
風薫る初夏の頃に・・・多分。

写真を頂きましたので幾つか。セットリスト画像もFBより頂きました。
a0093928_11522044.jpg
a0093928_11523291.jpg
a0093928_11532303.jpg
a0093928_11524416.jpg
a0093928_11530906.jpg




[PR]
by bossaccordeon | 2017-12-21 11:56 | ライブ | Comments(0)

新潟空港Happy そらフェスタ

ちょっと新鮮なステージでした。
新潟空港のロビーの超広い空間で、やや心もとないPA設備ではありましたが、スタッフの皆さんのご協力と自前機材を駆使し?何とか乗り切りました。意外とやりやすかったのが救い。

このステージ、実は一年前の11月下旬出演で最初の依頼があったのですが、ちょうど沖縄・那覇でのライブと重なり残念ながらで、
一年越しの実現となりました。

ステージはクリスマスツリーの前で、カウントダウンと同時にボサコルアレンジの Winter Wonderland でスタート。
40分のステージ予定でしたが、少な目のMCでどんどん演奏した結果、何と5~6分短めになってしまいました。
いや、申し訳ない。恐縮しながら退場となりました。

聞いて頂いた皆様、空港スタッフの皆様、どうもありがとうございました。
a0093928_12581247.jpg
a0093928_12575721.jpg

セットリスト:
Winter Wonderland
瞳を閉じて
鳩笛
Bluesette
O barquinho
Un vals en Paris
AVE
'S Wonderful
The Christmas Song



[PR]
by bossaccordeon | 2017-11-20 12:59 | ライブ | Comments(0)

8月のいろいろ・・・

いろいろと有った八月後半・・・
書きたいことは山々あれど、まあ、総括としては、「音楽は良いね!」に尽きるでしょ。
とりあえず、細かい写真でまとめました。

内容は:8/4 ホーダ・ヂ・ショーロ@アンビエンテ、 8/19 田中ソロ@ドクター可児、 8/20ボサコルライブ@Noa noa,
8/22 わさんぼん2nd LIVE @カフェ・エイゲツドウ、 8/24天寿園ライトアップコンサート(ボサコルデオン)、
8/26 渡辺直子(vo)+田中トリオ@Swan、 8/27 24時間TV万代シティライブ(ボサコルデオン)

というところ。このほかに営業も有ったので、まあいつもの八月よりちょーっと忙しかったかもしれません。
まえも書きましたが、本当はこの後「旅」だったんですが・・・9月以降も頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

a0093928_12080933.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2017-08-29 12:09 | ライブ | Comments(0)

梅雨入りはまだでした。

a0093928_22040041.jpg
6月10日のボサコルデオン県政記念館コンサート終了しました。ボサコルとしては久し振りの中規模会場と、チェロの渋谷陽子さんを迎えた新しい試みが新鮮。いろいろと問題も有りましたし、ちょっと疲れましたがまた次に向けて進んで参ります。
参加頂いた皆様、お世話になった皆様、そして県政記念館様にも感謝いたします。
お客様の投稿から貴重なステージ画像を拝借いたしました。文さんありがとう!


■さて、新潟でジャズマヌーシュ、またはマヌーシュスウィング、またはジプシージャズと呼ばれているフランス発祥の弦楽器主体のジャズを演奏しているグループは、我がスウィングミュゼットクラブ(Swing Musette Club)のほかにも数グループが存在しています。
そのうち、一番コアだと思われるSEB(スーパーエチゴブラザース)が主宰するNGP(何かアイドル系のアレに似ていますが関係ありません…)
Niigata Gipsy Project のLIVE and Session が6月19日に新潟駅南のMonk's Mood Jazz Clubにて行われます。
昨年末から数えて3回目となりますが、会場はジャズクラブですので今迄以上に盛り上がるんじゃないかと思います。
お時間ございましたらお越しください。無料です(要オーダー)。

a0093928_22151135.jpg


[PR]
by bossaccordeon | 2017-06-17 22:17 | ライブ | Comments(0)

富士山麓で演奏してきました。

HPのスケジュールには載せてませんが、5月11日から2泊3日で静岡県の富士山麓「ふもとっぱら」キャンプサイトにて、新潟・三条に本社のある世界的に有名なアウトドアブランドSnow peak の素晴らしいイベントにて演奏してきました。
ユニットは新潟ジプシープロジェクト=NGP↓のメンバーで、SEBのマカフェリギター3人に田中のアコーデオン&クラリネットが加わったカルテット。前日入りでしたが演奏は12、13日の2日間で3ステージ。富士山も至近というシチュエーション。
12日は好天で日中は暑いくらいでしたが夜は流石に冷えました。13日は朝から雨でキャンプサイトは水浸しでしたが午後から雨も上がり、15時から演奏して終了。
こういった場所でジプシージャズというのはそのままフランスのジャンゴフェスを彷彿とさせるものがあり、本番・リハ含め演奏は楽しかった(出来はそれなりに・・・?)。
ステージ以外は自由時間ですが、そこはかとなく場違い感?のある私たちですし、更に雨ではどうしようもなくテント(これがまた立派なもので大きなテントの中に個室インナーテントが4張りある)の中で練習とセッションと宴会(笑)が続きました。

貴重な経験をさせて頂きましたが、スノーピークのこのイベント<Snow Peak Way 2017 Premium >は更に続き、7月の京都、そして9月には地元新潟で開催予定で、我々もそれぞれで演奏予定です。
残念ながら同社のプレミアム会員様を対象としていますので一般の方は観れませんが、またリポートしますね。

以下同社のFBページからの写真を拝借しました。(自分ではロクな写真が撮れなかったんですね・・・)
2枚目はNGPのステージ(12日昼) 3枚目は夜のステージ観客。凄く盛況に見えますが、これ我々が帰った後のスペシャルゲスト、アン・サリーさんのステージの観客だと思います(笑)。ラストがそのステージ。

a0093928_11361150.jpg



a0093928_11363336.jpg
a0093928_11364985.jpg
a0093928_11370001.jpg


[PR]
by bossaccordeon | 2017-05-15 12:03 | ライブ | Comments(0)

雪梁舎美術館ライブ終了 ほか

◆5月3日、新潟市西区の雪梁舎美術館でのボサコルデオンライブ、盛況のうちに終了しました。
自前の簡易PAでしたが精一杯のセッティングで何とか切り抜けました。
アコーディオンはこの春入手のVictoria の小さめ(と言っても48音、96ベース)を使用。まだ慣れていませんがなかなか・・・

定員100名のところ何と120名様という超大入り満員でびっくりしましたが、やはりこの手のコンサートは演奏者にとってもお客様にとっても価値のあるものだという感じがしました。もちろんライブハウス等小規模なものもそれなりに良いのですが。
いろいろ問題も有りましたが非常に得るものが大きかった。
修行は続く・・・
またしてもFBより画像を拝借いたしました。撮影者の皆さんに感謝いたします。
a0093928_12350203.jpg
a0093928_12351836.jpg
a0093928_12353233.jpg

◆さて、次の目標は6月10日、同じく新潟市中央区の県政記念館でのボサコルコンサートです。
これは大変楽しみ。というのは素晴らしいチェリスト・渋谷陽子さんをお招きしてのボサコルの新世界への挑戦です。
もちろんクラシック系の音楽家ですので編曲等も考慮してお送りします。

現在編曲を急ピッチで仕上げています。
なんと、アナログ! 有ることは有るんですがどうも楽譜ソフトを操作する気になれないんです。
鉛筆を舐め舐め(ウソですが・・・)悩みながら書き込んでいます。これはこれで楽しい作業。
a0093928_10424757.jpg
a0093928_12470640.jpg

という訳でいつものボサコルの音が数倍厚みを増して県政記念館の議場?に響く予定。
また近づいたらお知らせします。
ご予約も受け付け中です。ボサコルHPから、
または直接メールで(フライヤーに掲載してます)。
FBの方はイベントページ参加ボタンでOKです。
皆様のご予約・お越しをお待ちしております。
a0093928_12474566.jpg

[PR]
by bossaccordeon | 2017-05-06 12:50 | ライブ | Comments(0)

ボサコルライブほかin Tokyo

2月3日、新富町マデイラ(ボサコル)、2月4日、立川かるふーる(田中ソロほか) 2月5日はEmiさんが三軒茶屋のライブハウスで(画像無し)・・・等、いろいろと有った3日間。
そして田中はめでたくカンレキを迎えたのでありました。
普段誕生日パーティーなんてやりませんが、流石に還暦、皆さんに祝っていただき感激しました。これを機に更に修行し上を目指しますね。ありがとうございます!

マデイラでは初めての会場にも拘わらずたくさんのお客様に来ていただきました。
ちょっとPAトラブルがありましたが何とか2セットお送りできました。
また是非伺いたいと思います。
a0093928_12275631.jpg


a0093928_12282225.jpg



立川かるふーるは厳しい!大変に緊張する場所ですが、今回もやはり・・・
田中ソロは硬かったですが、その後の交流会や打ち上げも本当に楽しかった。
主宰の工藤さん、本当にお世話になりました。ありがとうございます!
a0093928_12304123.jpg


a0093928_123188.jpg


a0093928_12322351.jpg


[PR]
by bossaccordeon | 2017-02-09 12:33 | ライブ | Comments(2)

初心

冬のジャズストリート、29回目が終了しました。
いつもながら事務局、運営スタッフ、ボランティアの方々、そしてミュージシャンと観客の皆様に本当に感謝いたします。
いろいろとこの催しについては賛否両論あるかと思いますが、私はプロ・アマ問わず参加した人がそれなりに収穫を得られればそれはそれでよいのではといつも思っていますし、実際、何かと勉強にはなる時間ですし、何といってもこれだけの観客数というのはなかなか普段お目に掛かれません。
ただ、お客様には是非、この日だけでなく普段のライブにも足を運んでいただけるよう、まあ、これはミュージシャン側が気を引き締めるというのも第一ですが、お願いしたいと思います。

今回、私の出番は13時からの「シェガンサ」と22時からの「田中DUO&大波ようこ」の2か所。
■シェガンサでは遂にバンドリンを弾いてみました(みました・・・というところが状態を表している)、
しかしやはりバンドリンは勇み足! 久し振りに味わった挫折感…とほほ。メンバーやお客様には本当に失礼しました。この楽器を始めて3週間余りでステージで披露してしまった自分自身に同情してます(笑)…
a0093928_11374714.jpg
↑写真はFBより拝借(宮靖さん、ありがとうございます)

何でも楽器を始めたばかりの頃、味わうもどかしさを久しぶりに実感すると共に、初心忘れるべからず、という言葉がグルグルと頭の中を巡っていました。

シェガンサではいつものクラリネットとパンデイロに一曲だけトライアングルも使用しましたが、特にクラリネットの自由度に欠けたのが本当に残念。
これはちょっと考えなければ・・・まあもう少し待ってください、見守って?ください。

楽器に関係なくショーロという音楽を「身につける!」という課題に還暦の今年も挑戦します(大げさか・・・)。

■そして最後の時間 田中DUO&大波ようこ ではそんなもやもやを吹き飛ばしたい一念でピアノに向かいましたよ。もちろんこちらも自由には行きませんでしたが、大波ようこさん、ベースの文河潤さんの力とお客さまの盛り上がりもあり、楽しい時間で終わることができました。
a0093928_12545667.jpg
↑新潟日報モアブログより(撮影:原浩二さん)

次回の夏の30回目のジャズストリートはスケジュールの関係で私はノーエントリーとなるかもしれませんが、今後も期待しています。



[PR]
by bossaccordeon | 2017-01-23 11:38 | ライブ | Comments(0)

音楽で何を目指すか?

a0093928_23111114.jpg◆11月末の那覇MUSICAでのライブ、大変有意義な対バンライブでした。(写真撮り忘れました…)
ボサコルの他の出演者は二人ともギター弾き唄いでしたが、素晴らしいものを持っていました。
浅葉すとさん!ハイトーンの歌声で本人は謙遜していましたがギターも素晴らしい。
大阪出身という福田昌也さん!観客を引き込むMCと独特なオリジナル曲の構成力の素晴らしさに脱帽。

彼らの集客のお蔭もあり普段より賑わっていたそうです。広い店内かなり席が埋まり、我々ボサコルの演奏にも良いレスポンスをいただきありがたかった。
ちなみに同店HPと当日の店頭告知に「from東京」!?となっていたのが笑えました。
オーナーのMさん、うっかり間違えたらしい。彼も本当に愛すべきキャラクターで最高でしたが。
まあ、沖縄からみたら東京の向こうに新潟があるのでまあよいかとなりました。
もしかして東京が集客に一役買ったかな?いやいや・・・

特に福田さんのオリジナル曲(このタイプのミュージシャンは基本がオリジナルでしょうけど…)がツボにはまる。絶妙な転調を駆使した曲創りも凄いし、当たり前だけど日本語の歌詞って良いなと思う。
ボサコルも一時、日本語作詞を狙っていたけど結局あきらめていました。
これは・・・まあ、仕方ない。


◆12月2日は東京・練馬文化センターでのシャロン・シャノンのライブへ行ってきました。
アイルランドの天才アコーディオン奏者といわれて、ずいぶん以前から興味はあったのですが、東京の知り合いのアコ奏者から譲ってもらったチケットで遂にライブで観ることができて感無量。それはそれは素晴らしいスa0093928_11242232.jpga0093928_11243395.jpgテージでした!
アイリッシュ音楽愛好家というのはかなり多く、当日も熱心なファンが声援を送っていました。
私はまず曲が2割程度しか分からないのですが、彼らは合いの手も入れられるし曲名紹介だけで盛り上がれるのがうらやましい。
ともかくシャロンは2台(key違い)のカスタニャーリを使用していて、どちらも素晴らしい音とレスポンスとリズム。
左手の蛇腹操作に目が奪われる。難しそー!そして結構ムキムキの左手筋肉、やはりあれだけ動かすので・・・ティンホイッスルも上手!

共演者もガットギター、エレキギター、フィドル&フットドラム(のような右足で操作するデジタルドラム?)更にボイパ、これが上手い!そしてカナダ人の女性ステップダンサーも素晴らしい。

アイリッシュは時々セッションに顔をだしてもほとんど付いていけないのですが、音楽は良いなあ。
感覚的な部分が難しいのです。しかし何かを得ることができました。




















◆さらに翌日12月3日は神楽坂のMASH RECORDSでベーシストの今給黎久美子さん主宰のジプシージャズセッション&レクチャー?に出席。Nicolas Carréさんというレユニオン島生まれだというフランス人ギタリスト(主にリズムギター)も素晴らしいし、若手(平成生まれ!)の素晴らしいクラリネット奏者・宮崎佳彦さんが引っ張ってくれる有意義なセッションで、参加者はちょっと少な目(クラ2名、フルート1名、ファゴット!?1名、ギター1名、他観客)でしたが楽しかった。
宮崎さんのテクニックとお話に感銘を受けました。
私はクラとアコーディナ持参。宮崎さんのプレイに刺激を受けてきましたよ。
彼は今、日本でもこのジャンルではトップに入る奏者なのではないでしょうか?
本当に素晴らしいし、今後が楽しみ。
a0093928_1126379.jpg

いろいろな人と音楽に影響を受けたここ数日間。

当たり前だけど自分はどんどん年取るし新しい才能もどんどん出てくる。

いろんな楽器を演奏して喜んでる場合ではないか?・・・とも思いましたが、そこはそこ。
自分は自分。
いろんなタイプの人間が居て悪くない、と思いなおす。

音楽で目指すものは?


・・・音楽だ!



[PR]
by bossaccordeon | 2016-12-04 11:15 | ライブ | Comments(0)

肩こりアコーデオン弾きの日常メモ・・コメントご遠慮なくどうぞ(記事と無関係でもOK)


by bossaccordeon
プロフィールを見る
画像一覧